忍者ブログ
国試対策用に作ったブログです。語呂合わせ多数載せてます。
[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

非蛋白性窒素
・血清の蛋白以外の窒素成分
・尿素、尿酸、 アンモニア、クレアチン、クレアチニン、など
・血清中の非蛋白性窒素で最も多いのは尿素窒素(BUN)で50%

尿素(尿素窒素)
・血清中の非蛋白性窒素の大部分を占める
・尿中窒素成分のほとんどが尿素
の尿素サイクルで生成される(アルギナーゼによって生成される)
・尿素サイクル系酵素の先天性欠損症では高アンモニア血症となる。(尿素サイクルはアンモニアの解毒を行うため)
・測定にはウレアーゼを用いる
・尿素窒素値を2.14倍すると尿素値になる
・測定法は、ジアセチルモノオキシム法ウレアーゼ・グルタミン酸デヒドロゲナーゼ法

尿酸
プリン体(核酸のアデニン、グアニンなど)の最終代謝産物
・肝、筋、骨髄で生成される
アルカリ性下で還元性がある。
・アルカリ性下では溶解性が増す。
キサンチン尿症では尿酸は著明に減少する ☆覚え方 サンチン⇒酸沈⇒酸↓⇒尿酸減少
・測定にはウリカーゼを用いる
・尿酸は、ウリカーゼの作用により、アラントイン二酸化炭素過酸化水素に分解される。 あら?にょうさん
293nmで測定する。

アンモニア
・血中アンモニアの紫外部測定法では吸光度の減少を測定する。


クレアチン
・クレアチンは腎臓でアルギニンとグリシンからグアニジノ酢酸が作られ、肝臓に運ばれメチオニンのメチル基が付加され生成される
・クレアチンはヤッフェ法陰性なので、クレアチンを脱水してクレアチニンにしたのち、ヤッフェ反応で測定する。

クレアチニン
・肝臓で生成される
ヤッフェ法(=アルカリ性ピクリン酸法)で測定する。
・ヤッフェ法はアルカリ性下で反応させる。
・ヤッフェ法は非特異的クロモゲンの影響を受ける

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリースペース
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © 臨床検査技師 国家試験対策 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]