忍者ブログ
国試対策用に作ったブログです。語呂合わせ多数載せてます。
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ポイント
・ヘモグロビンの最終代謝産物。
・ビリルビンの70~80%はヘモグロビン由来。
肝臓グルクロン酸抱合される。
腸管内ウロビリノーゲンとなる。ちょロビリ ×ビリベルジン
・光によって酸化され、ビリベルジン(緑色)になる。
尿中胆汁中に排出されるのは直接ビリルビン。
・間接型ビリルビンはアルブミンと結合しており、糸球体を通過できず、尿中に排出されない。
閉塞性黄疸では、血中に直接型(抱合型)ビリルビンが上昇する
新生児の生理的黄疸では間接型ビリルビンが上昇する。
非抱合型はジアゾ試薬と直接反応できない
・非抱合型は組織に沈着しやすい。
非抱合型は光に対して不安定である。光分解されやすい

ビリルビンの生成
①老廃赤血球の破壊によりヘモグロビンが生じる
②ヘムとグロビンに分解される (IN細網内皮系)
③ヘムはビリベルジンとなる (IN細網内皮系)
ヘムのポルフィリン環は、ヘムオキシゲナーゼによって開環し、ビリベルジンとなる
④還元されて間接型(非抱合型)ビリルビンになる (IN細網内皮系)
⑤肝臓でアルブミンと離れ、グルクロン酸抱合を受け直接型(抱合型)ビリルビンとなる
ビリルビンの抱合はグルクロニルトランスフェナーゼによって行なわれる
⑥直接型(抱合型)ビリルビンの多くは胆汁中に排出される
⑦その後腸内に排出され、腸内細菌に還元を受けウロビリノーゲンとなる

ビリルビンは通常では尿中に排出されないが、閉塞性疾患では胆管が閉塞することにより、直接ビリルビンの排泄障害が起こり、血中に直接型ビリルビンが増え、それが尿中に排泄される。
抱合型=グルクロン酸抱合を受けた=直接型




ビリルビン測定法
マロイ・エベリン法(ジアゾ法)
ジアゾ試薬(スルファニル酸、硝酸ナトリウムおよび塩酸よりなる)を用いる
・ジアゾ反応で発色させ、色素を540nmで測定する
・反応促進剤はメタノール

②アルカリアゾビリルビン測定法
・マロイ・エベリン法より高感度である

③酵素法(ビリルビンオキシダーゼ法)
・ビリルビンの450nmにおける吸光度の減少を測定する

④バナジン酸酸化法
・ビリルビンを酸化してビリベルジンとし、450nmにおける吸光度の減少を測定する

拍手[21回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリースペース
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © 臨床検査技師 国家試験対策 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]