忍者ブログ
国試対策用に作ったブログです。語呂合わせ多数載せてます。
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [11]  [10]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

情報料の単位をビットという。
はビット(bit)は2進法(binary digiT)の略。

1バイト=8ビット
8ビット=2の8乗
1バイトで表すことのできる情報は、28=256

2バイト=16ビットであり、
2バイトで表すことのできる情報は、216=65536




P=IV

同相弁別非(CMRR)=差動利得/同相利得
医療機器では10000倍(80dB)以上が必要である。


◆コンピュータが扱うデータについて
・基本単位はビットである ×バイト
・1キロバイトは1024バイトである ×1000バイト
・心電図波形などのアナログデータはA/D変換して扱う ×D/A変換
・画像データを画素に分割して表現する画像をビットマップ画像と呼ぶ


◆物理量と単位
電力 W ワット
起電力 V ボルト
熱量(エネルギー) J ジュール
電荷 C クーロン
コンダクタンス S ジーメンス コジマに
インダクタンス H ヘンリー  異変
電気抵抗(インピーダンス) Ω オーム
静電容量 F ファラット
増幅度 dB デシベル
時定数 秒
周波数 ヘルツ

◆情報処理システムの処理方式
・バッチ処理:一定期間データを集めて一括処理
・タイムシェアリング処理:同時に複数のユーザーが利用できる
・リアルタイム処理:予約システムなどに用いられる
・集中処理:端末のデータを中央コンピュータで一括処理
・分散処理:複数のコンピュータに作業を分散させる

クライアントサーバーシステムは分散処理 ×中央処理
(C/Sシステム)
(クライアント部とサーバー部の 2つの部分に分かれて処理を分担する)
(クライアント側のコンピューターとサーバーが、互いに処理を分担することで、サーバーへの負荷の集中を防ぐことができる)
(カッコ内は覚えやすい用にするための解説なので覚えなくてもいい)

◆トランスデューサ
・起電力:圧電素子、熱電対、ホール素子  あつ 熱 ホール
・抵抗:ストレインゲージ、サーミスタ、光電導素子  スサ道
・電流:フォトダイオード、光電管


◆病院のオーダリングシステムについて
・発生源入力とは医師本人が直接入力を行うことである
・電話回線を介して各部門システムが接続されている


◆コンピュータの記憶装置について
・RAMは主記憶装置である
・磁気テープはランダムアクセスが不可能である
・ハードディスクは補助記憶装置である

コンピュータの5大基本装置
・入力装置
・出力装置
・記憶装置
・演算装置
・制御装置

にしきえせ 西消え瀬 特に意味はないです


電源を遮断すると記憶の保持ができなくなる記憶装置
・主記憶装置のRAM
(通電が停止すると内容が消えてしまう一時的記憶媒体)


中央演算処理装置
CPU

入力装置
キーボード、マウス、トラックボールジョイスティック、タッチパネル、デジタイザ、バーコードリーダ、グラフィックタブレット、スキャナ、OCR、OMR

出力装置
プリンタ、プロジェクタ

内部記憶装置
RAM

外部記憶装置
USBメモリ、DVDドライブ

通信装置
MODEM

集線装置
HUB



◆フローチャートの図記号

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリースペース
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright © 臨床検査技師 国家試験対策 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]